誰もが身近な地域でその人らしく、安心して暮らせる[まちづくり]。

社会福祉法人 山形市社会福祉協議会

023-645-9230
023-645-9230
メールでのお問い合わせ

大原学園で認知症カフェ開催です!!

7月17日(水)大原学園の認知症カフェにおじゃましました!

今回は第十地区社会福祉協議会の皆様に後方支援いただき、霞城西部地域包括支援センターの企画です。

 

大原学園の校長先生のご厚意で「地域のために利用してほしい」と1階ロビーを開放いただいたことで実現しました!

実は今月初め7月3日大原学園の医療事務科と介護福祉科の生徒さん方は、認知症についての学びを深めようと、認知症サポーター養成講座を受講されました。

そしてこのたび、講座を受講いただいた生徒さんの中から10名ほどお手伝いをしていただきました!

カフェは地域の方の生演奏のギターの音色が流れる中、にぎやかにオープンしました。

今回はあかねヶ丘ケアセンターの小川施設長による、認知症型デイサービスについてのミニ講話と、回想法についてお話。

各テーブルに準備いただいた昔の生活用品の写真を参加者で見ながら、会話が弾みました。

相談コーナーでは損保ケアサービスの方々が相談を受けてくださいました。

大変多くの方に参加いただき、地域の方々の認知症への関心の高さが伺われました。

カフェの装飾は城西一区の折り紙の会の皆さんが、季節の折り紙で会場を彩ってくださりました。

 

大原学園のある城南むつみ町内会の小野仁会長さんも顔を出してくださっていました。

大原学園さんと地域の福祉専門職の皆さんと住民の皆さんのたくさんのご協力をいただいて、カフェを楽しみながら認知症について学ぶことができました。

男の料理教室!!

7月13日(土)、城西三区公民館にて開催の

『成人男性の為の料理教室』におじゃましました!

今回は町内会でも初めての企画。

城西三区町内会の料理の得意な民生児童委員さんが先生です。

男性でも手軽に楽しく作れる料理ということで、メニューを考えてくださいました。

一品目は鶏の中華風煮込み。

普段の料理は奥様に任せっきり、とおっしゃる男性の方はネギを切る時にぎこちない様子が見え、ちょっとヒヤヒヤしました( ^ω^)・・・。

二品目はおしゃれなカニカマバジル♪

色どりよく、ソースのかけ方にセンスが光ります。

三品目は浅利の酒蒸し。

途中、吹きこぼれそうになったりしながらも、

全メニューが出来上がる頃には、なんともいいにおいが調理場に漂っていました。

作りながらも洗い方をやるのがいい男です、なんてワンポイントアドバイスも。

テーブルに運んだら、ようやく乾杯!!

皆さんの笑顔がはじけます。

第十地区では昨年、男性の低栄養が課題でした。町内会で楽しい企画にして対策しているなんて、素晴らしい取り組みですね。

地元企業の会議室をお借りし、サロンが開催されています!

第八地区社会福祉協議会(荘司和夫会長)、小白川三区ふれあいサロンでは、今年度よりファミリーマートの2階にある小白川建設(株)様の会議室を利用させていただき、サロン活動を進められております。

地域に集会所もなく、住民皆で集う場所が欲しいという地域住民の願いと企業の地域貢献をしたいという思いが重なり、和やかな雰囲気でいきいきサロンが開催されています!

とてもきれいな紅花をいただきました!

出羽地区 おとめ会様より、たくさんの紅花をいただきました!

事務所内が紅花のにおいでおおわれております。

子育てしやすい地域づくり研修会を開催しました!

6月24日(月)、令和元年度 子育てしやすい地域づくり研修会を開催しました。

今年度は、子育てが「孤育て」にならないように、地域全体で子育て中の世帯を見守り

支え合っていく地域づくりを進める為には何が必要なのか、今の子育ての状況を理解し、

連携強化や活動に繋げていくことを目的として開催しました。

各地区で子育てサロンを開催しているスタッフの方々や育児サークルランド、子育て支援センターなど

約60名の皆さんにご参加いただきました。

山形市の子育て支援施策について情報提供をいただいた後、パネルトークを行い、

その後は、ルーシーダットンインストラクターの狩野和美氏を講師に

「心が落ち着くリラックスヨガ」を実際に体験していただきました。

今後、さらに連携の輪が広がるように活動を推進していきたいと思います!

1 / 37612345...102030...最後 »
© 山形市社会福祉協議会. ALL RIGHTS RESERVED

023-645-9230